【対処法】ワードプレス5.3に更新後カスタマイズできない

 

11月12日にリリースされたワードプレス5.3ですが、ダッシュボードトップに更新してくださいとあったので、アップデートしたところ、ワードプレスの外観カスタマイズが読込中から進まなくなってしまいました。

不具合なのかテーマとの相性なのかわかりませんが、ひとまず解決できましたので、方法を共有したいと思います。

 

対処法を検索してみた

 

こんなときはグーグル先生に聞いてみるのが一番と思い検索してみました。出てきた原因と対処法の中で私が試したものは以下の通り。

 

1.ブラウザのキャッシュが原因?

まず出てきたのが、ブラウザのキャッシュが悪さをしていて、カスタマイズ画面が表示されないかという記事でした。ということで、以下を実行しました。

 

  • ブラウザのキャッシュを削除
  • 別ブラウザで開いてみる
  • 別端末で開いてみる

→どれを試しても結果は同じでした。

 

2.プラグインが悪さをしている?

プラグインが悪さををして表示ができないことのあるとのことでした。じゃあ悪さをしているプラグインを特定しようと思って、順番に停止してみました。

 

  • ワードプレスにインストール中のプラグインを全部停止

→状況は変わらず、プラグインのせいではありませんでした。

 

3.PHPバージョン低いことが原因?

PHPバージョンが低いことでワードプレスがうまく動作しないこともあるみたいです。

ということで、以下を試しました。

 

  • XserverのサーバーパネルからPHPバージョンを7.2.17から7.3.8にアップデート

→特に変化はなし、PHPバージョンは関係なかった

 

4.最終手段!だめならバックアップから復元しよう!

ここまで試してだめだったので、復元をしようと思って、私が使っているプラグイン「UpdraftPlus Backups」を使って復元を試みました。

 

UpdraftPlus Backupsから復元

UpdraftPlus Backupsの設定画面を開いて、さあ復元だというところで復元ボタンをクリックしたところ、復元ボタンも機能しなくなっていました。

 

  • プラグイン「UpdraftPlus Backups」から復元を試みた

→やろうとしたら復元ボタンをクリックしても反応しない

 

とどれを試してもダメそうでした。いろいろ試してだめだったのですが、次の方法で解決することができました。

 

私が解決した方法

 

上記のように様々な方法を試してみてもだめだったので、ワードプレスのバージョンをもとに戻すことに。

その結果カスタマイズ画面も無事開くことができるように戻りました。

 

FTPソフトを使ってバージョンを下げることもできるようですが、今回はWP Downgrade Specific Core Versionというプラグインを使用して行いました。

 

手順は以下の通りになります。まず、プラグイン>新規追加から「wp downgrade」と検索しましょう。

ワードプレスダウングレードのやり方説明1

 

WP Downgrade Specific Core Versionを見つけ、今すぐインストールを選択

ワードプレスダウングレードのやり方説明2

 

インストールしたら有効化し、設定ページを開きましょう。

そこで、ダウングレードしたいワードプレスのバージョンを入力しましょう。

ワードプレスダウングレードのやり方説明3

 

設定を保存して、「Up-Downgrade Core」をクリックしましょう。

ワードプレスダウングレードのやり方説明4

 

以下の画面に遷移しますので、再インストールをクリックしましょう。

ワードプレスダウングレードのやり方説明5

 

以下のページが出ればダウングレード完了です。途中、Warningなど出ますが気にしなくていいです。

ワードプレスダウングレードのやり方説明6

 

 

プラグインページには正常にアクセスできましたので、この方法が使えましたが、アクセスできなかったらと思うとゾッとしますね。

ひつまず戻りましたので、一安心ですね。

 

11月16日追記

 

私の場合はテーマやプラグインとの相性で起こってしまったようです。

アップデートをする際にはしっかりと、テーマやプラグインが対応しているか確認してからのほうが安心ですね。